SEOにかかせない3C分析とは

3C分析とはは、ビジネスを取り巻く市場・顧客(カスタマ:Customer),自社(カンパニー:Company),競合(コンペティター:Competitor)の
、外部環境の市場と競合の分析からKSF(重要成功要因:Key Success Factor)を見つけ出し、自社の戦略に活かす分析をする考え方です。

・市場分析のポイント
 自社の製品やサービスを、購買する意志や能力のある潜在顧客を把握する。具体的には、市場規模(潜在顧客の数、地域構成など)や市場の成長性、ニーズ、購買決定プロセス、購買決定者といった観点で分析することです。

・競合分析のポイント 
 競争状況や競争相手について把握する。特に、競争相手からいかに市場を奪うか(守るか)という視点を持ちながら、寡占度(競合の数)、参入障壁、競合の戦略、経営資源や構造上の強みと弱み(営業人員数、生産能力など)、競合のパフォーマンス(売上高、市場シェア、利益、顧客数など)に着目する。

競合との比較は、自社の相対的な強みや弱みの抽出にも役立ちます。

・自社分析のポイント
 自社の経営資源や企業活動について、定性的・定量的に把握する。具体的には、売上高、市場シェア、収益性、ブランドイメージ、技術力、組織スキル、人的資源などを分析する。また、付加価値を生み出す機能や、コスト・ドライバー(製品にかかっているコストを正確に把握するために、間接費の配賦計算をできるだけ実態に合わせて正しく行う方法)にも着目することです。

SEOにかかせない3C分析とは
SEO対策 売上を上げる

SEO対策のビジネス・ロジック・ジャパン

サイト内検索

SEO 辞典