SEOの意味

 SEOとは、「Search Engine Optimization:サーチ・エンジン・オプティマイゼーション」 の略でです、Google・Yahoo!・bingで顧客が検索したキーワードで上位に表示(検索エンジン最適化)されることを目的とします。

 顧客に見てもらうこと
 
 検索エンジンにより検索する顧客(ターゲット層)に見てもらうための仕組みをいいます。検索エンジンは現在は、google(各国によって違いがあります)が中心になっています。この検索エンジンへの対策・対応をいかに行っていくか中小企業でも・起業においても大企業と対抗できるツールとなってきます。

 中小企業も大企業に十分対抗できる

 企業において、販促活動としてしてのSEO理解することはとても重要です。
全て、外注まかせで行われている企業がほとんどですが、ホームページを制作・作成している企業(ホームページ屋さん)のほとんどは、ビジネスが理解できないHP作成企業・印刷屋さん・デザイン屋・素人の方がほとんどです。

・ホームページは効果がない=見てもらえないホームページだから

 以前から、ホームページを作成しているが効果がない・・・と言われる企業が多くあります。

これは、効果がないホームページを作成してしまったからです。

ホームページとSEOと売上の関係

 ホームページを作成したが効果がないという意見をよく聞きます、目的がないホームページは目的のものでしかかりません、SEO対策の本質は自社のビジネスを見直すことです、自社の強みを顧客にどのように訴求していくかがもっとも重要なことなのです。

 自社の商品をどのように検索されるか、競合相手はまたそれに対する強みは何かを見直すきっかけとも言っていいかもしれません。

SEOの考え方の基本 キーワード

従来型のSEOは通用しない

・従来型のSEO対策は通用しない、多数の外部リンクを張りつける対策

  無作為に貼られた、外部リンク対策だけでも最低でも3か月を要して削除依頼、googleへの申請も必要になり大変な労力を要してしまいます。

・小手先のテクニックによるSEO対策

 よかれと思い対策を行われたユーザさんのサイトは圏外になったことも多くあります。

 

ホームページ作成の初歩

 中小企業において、ホームページさえ変えれば売上に対する効果があがると考えられている方は、昔しに比べれば減っていますが、ホームページ作成も広告戦略の一環です。

 企業にとって、販促ツールとしてのSEO対策を身に着けることは大きなメリットがあります。
本屋さんでのをWEBマーケティングに例えると一冊の本を手に取っていただく為に、POPを売りたい本に的確に作成されています。WEBマーケティングにおいても同じです、顧客の興味あるワードをいかに手に取ってもらうかが重要になってきます。それには、10位以内をそのキーワードで目指すことが重要になります。

SEOのデメリット

1.SEO対策を行っても、効果が現れるまでに時間が掛かる、即効性に欠ける
2.1ページに対し1テーマが基本なので、緻密に行うにはコンテンツ作成など人的コストがかかる
3.キーワードによっては上位表示の難易度が高く、非常に難しい場合がある
4.検索エンジン側のアップデートやアルゴリズム変更により順位が左右される

SEOで順位アップが成功すると、質の高いユーザーの安定したサイト流入が得られますが、そこに到達するまでには時間的コストがかかります。

SEO対策の流れ

SEO段階1:自社の目的とする売上の上がるキーワードを決める。

SEO段階2:重要な点は、ターゲット顧客が検索するであろうキーワードを決める。

SEO段階3:各ページには意図を持たせて良質なコンテンツを作成する。

SEO段階4:検索エンジンに登録を行う。

SEO段階5:良質な外部リンク対策を行う。

SEO段階6:自社のコンテンツの状況を確認し意図している順位になっているか確認する。

SEO段階7:SEO内容が意図していない状況でない場合対応を行う。

 

SEO対策はサイト制作後に、SEO段階の6~7を繰り返すことになります。

SEO対策 売上を上げる

SEO対策のビジネス・ロジック・ジャパン

サイト内検索

SEO 辞典